「徴用工」請求却下 2度前倒しされていた判決言い渡しに見る文在寅の「対日融和」

国際 韓国・北朝鮮 2021年6月10日掲載

  • ブックマーク

日米関係悪化を懸念

 韓国人の元徴用工やその遺族ら85人が日本企業16社を相手取り、1人当たり1億ウォン(約985万円)の損害賠償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は今月7日に原告側の請求を却下した。これは大法院(最高裁)が、新日鉄住金(現:日本製鉄)と三菱重工業に賠償を命じた2018年の判決を覆す判断となる。日本にとって真っ当な判断が下された今回の請求却下。実は判決言い渡しは2度前倒しされるという異例の経緯があった。その背景にある文在寅大統領の腹のうちをレポートする。...

記事全文を読む