明暗分かれた「リコカツ」永山瑛太と「恋ぷに」綾野剛…アラフォー以降の俳優はコメディ力がカギ?

エンタメ 芸能 2021年5月13日掲載

  • ブックマーク

 ドラマもやっぱり見た目が9割、と言っては元も子もないが、北川景子さん・永山瑛太さんの「リコカツ」が好調だ。もちろんテーマも面白いが、絵に描いたような美男美女が画面に出てきた時の魅力は大きい。自身と両親の離婚劇を描きながらも、シリアスではなくテイストはラブコメディ。北川景子のコメディエンヌぶりは、「家売るオンナ」などで実証済みだが、なんといっても瑛太さんの奮闘が光る。「最高の離婚」でもラブコメ巧者であったのは知っていたものの、今回はカタブツの自衛隊員役。髪型やしゃべり方のちょっとした違和感の計算が上手で、笑いを誘う。...

記事全文を読む