井岡一翔「マリファナ陽性」で王座剥奪の可能性も 井岡側は「検体に成分が混入された」と説明

スポーツ 週刊新潮 2021年5月6日・13日号掲載

  • ブックマーク

 アマ時代からボクシング界の期待を背負い、一昨年には日本人初の4階級制覇を達成。一方で、電撃引退からの復帰劇や、歌手・谷村奈南とのスピード離婚で世間を騒がせてきた井岡一翔(32)。そんな世界王者に浮上したのは“ドーピング疑惑”という新たな騒動だった。

 ***...

記事全文を読む