井岡一翔、年間MVPを逃した理由はまたも「タトゥー」か 彫師との3ショット写真が問題視され

スポーツ 週刊新潮 2021年2月11日号掲載

  • ブックマーク

 プロボクシングの2020年最優秀選手賞(MVP)に、WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)が選ばれた。記者投票で決まるのだが、大晦日の防衛戦に勝利したWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31)はわずか4票及ばなかった。
...

記事全文を読む