野村克也監督が最も慌てた試合も…今や懐かしい「ダブルヘッダー」で起こった珍場面

スポーツ 野球 2021年5月2日掲載

  • ブックマーク

「考える力も弱ってきますな」

 近年のプロ野球は、過密日程の緩和やドーム球場の普及などにより、ダブルヘッダーが見られなくなった。セ・リーグは1998年10月10日の横浜vs中日、パ・リーグは同年10月9日の西武vs.オリックスが最後だ。2000年代以降も、前日の試合が雨天中止の場合、次の日にダブルで消化する予定のカードがいくつかあったが、いずれも日程どおり催行され、実現には至っていない。...

記事全文を読む