井岡一翔に「マリファナ」「ドーピング」疑惑 警視庁から事情聴取を受けていた

スポーツ 週刊新潮 2021年5月6・13日号掲載

  • ブックマーク

 昨年12月31日に行われた「史上最高の日本人対決」で、最強の挑戦者・田中恒成(25)を相手に8回TKO勝利を収め、WBO世界スーパーフライ級チャンピオンの座を防衛した井岡一翔(32)。その後、左腕に入れたタトゥーが問題視され、日本ボクシングコミッション(JBC)から厳重注意処分を受けたことも記憶に新しい。実は、この試合を巡り、日本人初の「世界4階級制覇王者」にある“疑惑”が浮上しているのだ。

 ***...

記事全文を読む