わきまえない人・森喜朗の晩節に政界が捧げる「忖度なきマイナス査定」

国際 Foresight 2021年4月15日掲載

  • ブックマーク

総理の椅子を手放し20年。サメだノミだと揶揄されつつも、自民党名門派閥・清和政策研究会のドンとして歴代内閣に影響力を保持した執念の「貸し借り談合政治」がついに終幕。

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」「組織委の女性はわきまえている」――。女性差別発言を次々繰り出す森喜朗元首相(83)のポリシーは、失敗から学ばず、自らを省みないことに違いない。2月に東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長を辞した翌月も、自民党・河村建夫元官房長官(78)の政治資金パーティーで「女性というには、あまりにもお年」と発言し再炎上。...

記事全文を読む