経産省と「幹部の過半数」に見切られた東芝・車谷社長「男子の本懐」

国際 Foresight 2021年4月15日掲載

  • ブックマーク

3月下旬、車谷氏は密かに経産省へ根回しを開始。一方、4月7日のCVC買収報道で激怒した指名委員会は、すぐさま「解職」に動き出す。後ろ盾になってきた嶋田隆・元経産事務次官と今井尚哉・元首相秘書官の助力も得られず、14日の臨時取締役会に提出される議案を察知した車谷氏は……。

「今年1月の東証1部復帰で東芝再生のミッションがすべて完了した。まさに男子の本懐だ」。

 東芝は14日、車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が同日付で退任すると発表した。後任には車谷氏の前任社長を務めた綱川智会長が復帰する。...

記事全文を読む