小室圭さんの経緯説明文書の「矛盾」と「失敗」 危機管理コンサルタントが指摘

国内 社会 2021年4月8日掲載

  • ブックマーク

 4月8日、突然発表された小室圭さんの「経緯説明文書」。註も含めるとA4判で24枚という膨大な量からは、真意を伝えたいという小室さんの熱量が伝わってくる。

 とはいえ、そのボリュームや内容に違和感を覚える人も少なくないことだろう。宮内庁長官は「非常に丁寧に説明されている印象」とコメントしたというが、「どこが?」という反応もネット上では目立つ。

 この「説明」で、これまでの逆風が順風になるということがあるのだろうか。

 危機管理コンサルタントで『地雷を踏むな』の著書がある田中優介氏(株式会社リスク・ヘッジ社長)は、長大な文書に目を通してうえで、こう語る。...

記事全文を読む