明日はわが身…「知らない間に被告にされ、資産差し押さえ」が続発 なんと抑止策はナシ

国内 社会 週刊新潮 2021年4月1日号掲載

  • ブックマーク

 裁判の被告は普通、弁護人を立てるか本人が出廷しなければ負けである。ところが知らない間に勝手に被告にされてしまい、欠席裁判でいつの間にか敗訴、銀行預金や資産が差し押さえられてしまうという事件が法治国家の日本で起きている。...

記事全文を読む