歌会始で眞子さまが秋篠宮さまに“反逆” 詠まれた「意味深な恋文」を分析

国内 社会 週刊新潮 2021年4月1日号掲載

  • ブックマーク

 皇室の新年行事を締めくくる「歌会始の儀」は3月26日、およそ2カ月半の延期を経て開催と相成った。天皇・皇后両陛下の御製・御歌とともに、とりわけ注目されるのは秋篠宮家の長女・眞子さまの一首。そこでは父宮の意に背き、またも「恋の成就」が詠まれていた。

 ***...

記事全文を読む