「港人治港」から「愛国者治港」へ解体される香港「一国二制度」

国際 Foresight 2021年3月10日掲載

  • ブックマーク

 

全人代で香港の選挙制度変更が議論されている。そこで中国が掲げる「愛国者治港」というスローガンが物語るのは、民主派を徹底排除した共産党支持者=愛国者だけによる統治体制に等しい。民主化を求め、立法会での過半数確保を目指していた民主派は、一転、「愛国」の大きな壁に直面することになった。

 

 3月5日に開幕した中国・全国人民代表大会(全人代)で、香港の選挙制度の変更が議論されている。11日の最終日に議案「香港特別行政区選挙制度の完整に関する全人代決定」が可決される見通しだ。...

記事全文を読む