「若いうちはガンガン遊べ」と言うけれど

片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)×作詞家・小竹正人 往復書簡 エンタメ 芸能 2021年3月7日掲載

  • ブックマーク

片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)×作詞家・小竹正人 往復書簡33

 遊びたいように遊ぶなんて出来るわけがない。携帯・スマートフォンとSNSの普及が、遊び方やモラルを完全に変化させたと片寄は言う。

 ***

拝啓 小竹正人さま

 昭和の人たちはみんな口を揃えて「若いうちはガンガン遊べ」とか「若いのだから寝なくても余裕でしょう」「どれだけ食べても太らないでしょう」なんてことをとにかく言う。

 この往復書簡を覗き見してくださっている方の中に、こんな台詞を使った覚えがある、あるいは言われた経験のある方はいらっしゃるでしょうか?

 僕もエネルギッシュにイケイケでパワフルな人生を謳歌してみたかったな、なんて思うときがあります。

“昭和っぽい”時間の過ぎ方(そんな定義があるのかはわかりませんが)に憧れがないわけではありません。

 しかしながら平成という時代に生まれたからなのか、あくまで僕の個人的見解ですが、その類の台詞はなんだかピンと来ないなあと感じます。

 そういうパワフルな台詞たちは、顔面ド真ん中より少し右とか左とかに逸れて、耳のそばを豪速球で通り過ぎるみたいに聞こえてくる感じ。

 正直疲れていれば多少は寝たいし、カロリーオーバーなものを食べすぎればやっぱりそれなりに太る。

 まあこれが年をとっていけばそれでは済まなくなっていくということなのかもしれません。

 ただ最もピンと来ないのは、ガンガン遊べということです。

 このコロナ禍はもちろんですが、そうなる前から状況や時代は結構違う気がしています。

 とくに昨今の芸能人は昭和のそれとは明らかに全く違うのです。

 街を歩く人たち全員が写真週刊誌の記者さんだと思ってもいいくらい、誰もがスマホのカメラを自由に使いソーシャルネットワークですぐに目撃情報が呟かれる。

 遊びたいように遊ぶなんて出来るわけがないのです。携帯・スマートフォンとSNSの普及が、遊び方やモラルを完全に変化させたということです。

 なら誰かに責められるようなことや非難を浴びるようなことを自制した上であれば、心地よく楽しい時間を過ごせば良いのです。

 ですがここ数年目立つのは芸能人か政治家さんのスキャンダルのニュース。

 確かにやってはいけないことをしたのであれば仕方ないとは思うのですが、何のせいと一概には言えない、集団的見えない負のループのようなものが確立されてしまっていて、本来そこまで恐ろしいものであっていいのか? と疑問に思うほど、SNSやメディアのことが恐ろしくなってきていると感じます。

 このようなネガティブのループではなく、ポジティブのループを個人がそれぞれでつくっていけたらどんなに素敵な世界だろうと思います。

 別にどこの国に倣えというわけではありませんが、例えばハリウッドスターのオープンな交際のように、アメリカ=自由の国と言われるだけあって、それぞれの生き方が尊重されるような文化を感じます(きっとアメリカの景色は僕より小竹さんのほうがお詳しいことでしょう)。

 そのほかにも世界中の様々な国で、そういった“個”を尊重する考え方や価値観は身近に存在するように思います。

 結局は集団の本質も、どんな個人が集まったものであるか、ということが大切なのです。

 小竹さんの遺言と違って、平成若者男子の生意気なボヤきのような往復書簡になってしまいました…。

片寄涼太

片寄涼太 Ryota Katayose
GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル。1994年8月29日生まれ。大阪府八尾市出身。祖父と父が音楽教師で、若いころからピアノに親しむ。2012年にデビュー。14年にドラマ「GTO」で俳優デビュー。19年に映画「午前0時、キスしに来てよ」で橋本環奈とW主演。GENERATIONS、25枚目のシングル「雨のち晴れ」が発売中。

小竹正人 Masato Odake
作詞家。3月10日生まれ。新潟県出身。東京・本郷高校、カリフォルニア州立大学卒業。 作詞曲「Unfair World」で第57回日本レコード大賞受賞。「花火」(三代目J SOUL Brothers from EXILE TRIBE)など、数百曲を手掛けた。小説は『空に住む』『三角のオーロラ』(共に講談社)、歌詞&エッセイ集に『あの日、あの曲、あの人は』(幻冬舎文庫)。2017年から、自身の歌詞をモチーフに、三池崇史、行定勲、河瀬直美、石井裕也らが映像化する「CINEMA FIGHTERS project」のコンセプトプロデューサーを務める。