「草笛光子」が明かす「新宿コマ劇場」伝説 「せり上がった舞台から降りられなくなって」

エンタメ

  • ブックマーク

 かつて“演歌の殿堂”と親しまれた「新宿コマ劇場」は2008年、52年間にわたる歴史にピリオドを打った。オープンは1956年12月で、開館の翌春には「第1回新宿コマ・ミュージカル」が上演されている。その記念すべき初舞台に出演したのは草笛光子さん(87)。現在、テレビドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジ系)でバーのママを演じる彼女が、往時を振り返った。

(「週刊新潮」創刊65周年企画「65年目の証言者」より)

 ***...

記事全文を読む