「漢族の歴史的体質」から読み解く「ミャンマー・クーデター」この先のシナリオ

国際 Foresight 2021年2月28日掲載

  • ブックマーク

 2月1日にミャンマーで国軍によるクーデターが発生してから1カ月が経つ。伝えられる限りでは、「この道はいつか来た道」の感が強い。つまり、かつてのタン・シュエ軍事独裁政権(1992~2011年)が歩んだ親中路線だ。

 欧米諸国が「軍事独裁反対」「アウン・サン・スー・チー解放」「民主勢力支持」を掲げ国際的な制裁強化を呼び掛けながらも、実態的には“口先介入”のレベルに止まっている限り、ミャンマーを中国の側に追いやってしまいかねないのである。

本質を矮小化する「民主派VS.国軍」の図式
...

記事全文を読む