「4・11」エクアドル大統領選は中南米「政治地図」を塗り替えるか

国際 Foresight 2021年2月26日掲載

  • ブックマーク

 2月7日に行われたエクアドル大統領選挙で、反米左派のラファエル・コレア元大統領の後継者である若きエコノミスト、アンドレス・アラウス候補(36)が得票率32.72%で首位に立ち、4月11日の決選投票に臨むことになった。

 これを受けて、コロナ禍による未曾有の社会経済危機と露わになった格差拡大など構造問題を追い風に、中南米における「左派政権の復権・回帰の波」を予測する論調がにわかに喧しくなっている。

 2018年にメキシコで誕生したロペス・オブラドール政権、2019年にアルゼンチンで誕生したアルベルト・フェルナンデス政権、2020年にボリビアで誕生したルイス・アルセ政権に続き、エクアドルでも左派政権誕生が現実味を帯びてきた。...

記事全文を読む