ロシア毒殺未遂事件の全容を報道が暴いた:米新政権にインテリジェンスの課題

国際 Foresight 2021年2月25日掲載

  • ブックマーク

 調査報道が情報機関を超えた。

 というのは、ロシアの反政府運動指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏毒殺未遂事件を暴いた英国の民間調査報道グループ『ベリングキャット』の調査報道のことだ。彼らは、ロシア情報機関、連邦保安局(FSB)が起こした事件の全容を暴き、世界を驚かせた。

 後述するように、欧米情報機関もなし得なかった取材方法によって、FSBの秘密工作を明らかにし、その成果を報道したのである。

 それは、スパイを使った人的情報(HUMINT)活動でもなく、盗聴などで得た通信情報(COMINT)や信号情報(SIGINT)でもなかった。...

記事全文を読む