「釜本邦茂」が今のサッカー界に思うこと 「個人の能力ばかりを評価している」(小林信也)

スポーツ 週刊新潮 2021年2月11日号掲載

  • ブックマーク

 1968年メキシコ五輪、サッカー日本代表は3位決定戦で地元メキシコを破り、銅メダルを獲った。立役者は大会を通じ7点を挙げ得点王に輝いた釜本邦茂。

「私がやることは単純でした。ゴールを決めること。代表の合宿に行っても、シュートの練習ばっかり。あとは杉山さんとのコンビネーション。最初はうまいこと合わなかったんだ。お互いの癖が全然わからなくて」...

記事全文を読む