「中野太郎」死から1カ月 長男が語っていた脳梗塞、最側近が明かす「宅見若頭襲撃事件」

国内 社会 2021年2月9日掲載

  • ブックマーク

そうではないと思っています

「ケンカ太郎」の異名を取った中野会の中野太郎元会長の死去(享年84)から1カ月。脳梗塞から言葉の発声もままならぬ晩年だった。暴力団史に残る「宅見若頭襲撃事件」の責任を問われ、絶縁処分が下ったが、あのとき何があったのか? 元会長の長男が語ったこととは? 5代目山口組中野会若頭補佐を務めるなどした後、2005年にカタギとなり、現在は暴力団員の更生を支援するNPO法人「五仁會」代表の竹垣悟氏が、かつて仕えた親分のことを振り返る。...

記事全文を読む