「金価格」で分かる株価「30年ぶり大幅上昇」の理由

国際 Foresight 2021年1月15日掲載

  • ブックマーク

 年明け1月8日には、ついに1990年8月以来、30年5カ月ぶりに、日経平均株価が2万8000円台を回復した。皮膚感覚とは明らかに違う「株高」の要因は何なのか。これは「バブル」なのか。だとすると、いつか破裂して暴落を演じることになるのか。

株高を支える「事業法人」と「信託銀行」

 2020年の東京株式市場では、日経平均株価が2万7444円17銭で取引を終えた。年間で16.0%の上昇である。2019年も18.2%上昇していたから、2年連続の上昇だ。年末でみると2011年末の8455円35銭を底に、ほぼ一貫して上昇。...

記事全文を読む