2021年原油価格:「海図のない航海」はどこへ向かうのか(後編)

国際 Foresight 2021年1月6日掲載

  • ブックマーク

 前編で述べた様々な「地殻変動」の胎動を足元に感じている原油市場は2021年、どのような油価展開を導くことになるのだろうか。

 中長期的なことはさておき、2021年という区切りで考えると、油価に最大の影響を与える要因は、やはり前述したように「新型コロナウイルス」の動静だろう。

 相場には「期待(予想・噂)で買って、事実で売る」という格言がある。

 2020年11月からの油価上昇をもたらした最大の要因は、「コロナワクチン」の開発、供給開始、実用化が見えてきた、近い将来、世界景気は回復し、石油需要も回復するだろう、という「期待」だ。...

記事全文を読む