「麒麟がくる」戦国武将はそもそもなぜ戦うのか 古市憲寿氏の解説は

エンタメ 芸能 2021年1月3日掲載

  • ブックマーク

絶対にこの時代には生まれないほうがいい

 新型コロナのせいで放送予定が大幅に変更された大河ドラマ「麒麟がくる」。主役の明智光秀はもちろん、信長、家康といったお馴染みの戦国大名たちの姿に胸躍らせる人は少なくないだろう。戦国時代を扱った小説、ドラマ、マンガは常に高い人気を誇る。

 しかし、そもそも彼らはなぜ戦うのだろう。より多くの富を求めて? 天下を統一して平和な世の中を実現したいから? とにかくバトルが好きだから? 小説やドラマだと、主人公がその大義を語る場面がよく出てくるが、実際はどうなのか。
...

記事全文を読む