経験者が語る「森林を買ってキャンプ」の厄介さ 不法投棄、獣害、周辺住民とのトラブルも

ライフ 2021年1月2日掲載

  • ブックマーク

 日本の国土の7割を占める山林が、空前の“バブル”を迎えている。コロナで巣ごもりキャンプが大流行の中、気軽に「山を買う」人々が増えているのだ。日本で唯一の森林ジャーナリスト・田中淳夫氏が、実体験を基に目から鱗の「山を楽しむ」アドバイスを伝授する。(「週刊新潮」2020年12月24日号掲載の内容です)

 ***...

記事全文を読む