女性宮家に代わって浮上した「皇女」案をどう捉えるべきなのか

国内 社会 2021年01月02日

  • ブックマーク

女性宮家に代わり愛子内親王などを対象にした皇女(こうじょ)案は唐突ではなかった

 秋篠宮さまの立皇嗣の礼が終わり、眞子さまに続いて秋篠宮さまの記者会見でのご発言が話題となる中、政府による「皇女」案の検討が現実味を帯びてきた。女性宮家に代わって愛子さまなど内親王を対象とするものだが、それはいかなるもので、どう捉えるべきかをじっくり考えてみたい。...

記事全文を読む