「FA戦線」がいよいよ本格化…意外な争奪戦が始まりそうな“コスパのいい選手”は?

スポーツ 野球 2020年11月23日掲載

  • ブックマーク

 11月17日、NPBはフリーエージェント(FA)権の有資格者として97人の選手を公示した。目玉として見られていた大野雄大(中日)と山田哲人(ヤクルト)は残留を表明し、残る大物は今年最多セーブのタイトルを獲得した増田達至(西武)だが、それ以外にも実力者は少なくない。今回はそんなFA権行使の可能性がある選手をピックアップして、移籍先としてマッチする球団についても探ってみたい。...

記事全文を読む