映画『ばるぼら』 稲垣吾郎の「なんちゃってインテリ」という魅力

エンタメ 映画 2020年11月20日掲載

  • ブックマーク

11月20日公開『ばるぼら』★★☆☆☆(星2つ)

――愛の中にはつねに幾分かの狂気がある。しかし、狂気の中にはつねにまた、幾分かの理性がある(ニーチェ)

「漫画の神様」手塚治虫の異色作を実子・手塚眞が監督になり映画化した『ばるぼら』は、こんな字幕で始まる。なんだか、いきなり高尚である。...

記事全文を読む