香港「三権分立」なかったことにする習近平式「三権合作」

国際 Foresight 2020年11月19日掲載

  • ブックマーク

 中国の「全国人民代表大会」(全人代)が「忠誠不足」などを理由に、香港の民主派立法会議員4人の資格剥奪を発表し、ほかの民主派議員15人も、抗議の意を示すために辞表を提出した。

 今年6月に国家安全維持法(国安法)が施行されて以来続く民主化運動や抗議行動に対する統制強化に加え、香港の表看板である「高度な自治」の象徴とも言える立法会への介入は、香港で尊重されてきた西側式の「三権分立」の理念を、中国・習近平式の「三権合作」へ書き換えるための動きに他ならない。

...

記事全文を読む