小池百合子知事に3500万円「満額退職金」が支払われていた “身を切る改革”どこへ

国内 政治 週刊新潮 2020年11月19日号掲載

  • ブックマーク

「都議は退職金がないのに…」

 小池百合子知事(68)は、2016年の就任直後、「身を切る改革」を表明し、自身の報酬を半額にしていた。にもかかわらず、今夏、満額となる約3500万円の退職金を受け取っていたのだ。

 ***...

記事全文を読む