「文在寅政権」 “良き隣人”である日本を攻撃し続ける理由

国際 韓国・北朝鮮 2020年11月2日掲載

  • ブックマーク

「NO JAPAN」と慰安婦問題などをひとまとめにして国民感情を刺激したが…

 文在寅大統領が音頭を取った「NO JAPAN」こと「反日不買」運動スタートから1年余が経過し、韓国における日本企業の実績が明らかになった。ユニクロは前年比で31.3%減となり、アサヒビールが50.1%減となるなど、売上が大幅に減少した日本企業がある一方、ソニーコリアは19.5%増え、任天堂は6.6%売上が伸びて、デサントとABCマートは店舗数が増加している。...

記事全文を読む