「バイトなし」「採用取り消し」で苦境の「学生」支援策を急げ

国際 Foresight 2020年10月30日掲載

  • ブックマーク

 新型コロナウイルスの感染拡大が経済や雇用へ大きな影響を与えていることは、様々なメディアが繰り返し取り上げていることからも今更言うまでもないだろう。企業業績の低迷から賃金の低下を余儀なくされ、失業者も増加を続けている。

 だが、特に大学生(以下、学生)の苦境については、ほとんど取り上げられることはない。

 社会人同様に仕事(アルバイト)を失い、無収入あるいは収入が大幅に減少したことで、学業を継続していくことが困難になっている学生が多く、苦境に立たされているのだ。...

記事全文を読む