「藤浪晋太郎」は中継ぎで復調、「斎藤佑樹」は2軍で1回持たず 甲子園スターの明暗

スポーツ 野球 2020年10月18日掲載

  • ブックマーク

懲罰で2軍落ち、コロナ感染、制球難でも中継ぎ転身で復活の藤浪晋太郎

 新型コロナ感染や遅刻で2軍落ち、制球難と不振を極めていた阪神の藤浪晋太郎。中継ぎへの配置転換が奏功し、直近5試合はすべて無失点に抑えている。一方、日ハムの斎藤佑樹は先日の2軍の試合での登板で1回持たずにKOされた。甲子園スターの明暗がくっきりと分かれている。...

記事全文を読む