「東証」取引全面停止の“被害者”とは 外国人投資家の流出、損害賠償に発展する可能性も

ビジネス 週刊新潮 2020年10月15日号掲載

  • ブックマーク

 山手線が運休になったら「ウン万人の足に影響」と報じられ、停電になればそのエリアと世帯数がニュースになる。では、10月1日に東京証券取引所がシステム障害で終日ダウンしたことによる被害額と被害者は?...

記事全文を読む