歌舞伎役者がバラエティ番組でバブル状態 やむにやまれぬ業界の苦しい事情も……

エンタメ 芸能 2020年10月7日掲載

  • ブックマーク

 近ごろ、歌舞伎役者がテレビで大活躍だ。ドラマのみならず、バラエティでは顔芸も披露すれば、梨園の内幕まで面白おかしく語っている。一体どうしちゃったのか?

 ***

 9月27日、「半沢直樹」(TBS)の最終回は視聴率32・7%を叩き出して終了した。このドラマには、4人もの歌舞伎役者が起用されたことでも話題になった。

 前シリーズで、大向こうから声がかかりそうな“土下座”を見せた香川照之(市川中車[54])は「お・し・ま・いDEATH!」と新たな芸を披露。半沢の宿敵だったオネエ言葉の金融庁検査官・片岡愛之助(48)は、半沢を“ナオキ”とファーストネームで呼ぶように……。

 さらに今シリーズでは、「……詫びろ! 詫びろ! 詫びろ! 詫びろ! 半沢ぁ」の市川猿之助(44)、そして青年実業家役で尾上松也(35)も登場した。時代劇ならともかく、現代劇でこれだけ歌舞伎役者が顔を揃えたのは異例である。

番宣が終わっても、出続ける

 芸能記者は言う。

「彼らはドラマ放送中からバラエティに出演し、舞台裏を話すなど番組宣伝に貢献していました。中でも猿之助さんは、香川さんの台詞を使ったりやりたい放題で、笑いをさらっていました。そうした先輩の姿を見て、ドラマでキャラを出し切れなかったとしきりに反省する松屋さんの姿も印象的でした。しかし、そういう状況が、ドラマが終わってからも続くとは思いませんでした」

「半沢」が終了したというのに、彼らのテレビ出演はますます増えている。

出演のない日はない

「半沢」後に、歌舞伎役者が出演した番組を挙げてみよう。

●9月27日
TBS「林先生の初耳学」(22:15~23:09)市川猿之助

●9月28日
テレ朝「クイズプレゼンバラエティQさま!!」(20:30~21:48)猿之助、尾上松也
テレ東「いらないモノ現金化してみた。」(22:00~22:54)片岡愛之助

●9月29日
テレ朝「芸能人格付けチェック 3時間SP」(19:00~21:48)中村橋之助
フジ 「今夜はナゾトレ 2時間SP」(19:00~21:00)猿之助
フジ 「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(22:00~22:54)猿之助

●9月30日
テレ朝「くりぃむクイズ ミラクル9 2時間SP」(19:00~20:54)松本幸四郎、松也
フジ 「突然ですが占ってもいいですか?」(22:00~22:54)愛之助
テレ朝「アベマの時間」(深夜0:35~1:35)松也

●10月1日
テレ朝「ドラマスペシャル 刑事アフター5」(22:00~21:48)尾上菊之助
フジ 「3人のシングルマザー~すてきな人生逆転物語」(21:00~22:48)愛之助

●10月2日
フジ 「~日本ここ何ロード~この道通るのどんな人?」(19:00~21:00)松也

●10月3日
TBS「土曜☆ブレイク リアルボードゲーム24」(14:00~14:54)松也
フジ「爆買い☆スター恩返し」(18:30~21:00)愛之助
テレ東「出没!アド街ック天国」(21:00~21:54)猿之助

●10月4日
TBS「坂上&指原のつぶれない店」(18:30~21:00)松也

 出過ぎじゃないか?と思えるほど、毎日どこかの局で歌舞伎役者が出ているのだ。演劇評論家の児玉竜一氏は言う。

「基本的には“半沢組”が多いようですが、確かによくテレビに出ていますね。いずれも歌舞伎ファンにとってはメジャーな役者たちですが、『半沢直樹』で一般の方にも顔が売れたので、さらにという思いもあるのでしょう。愛之助さんだって、一般の人に認知されたのは前シリーズの『半沢直樹』に出演してからです。やはり、テレビで顔を売ることは有効だというこよでしょう。さらにバラエティに出演し、堅苦しい伝統芸というイメージかを払拭し、実は面白い人たちであることをアピールすることで、舞台にお客を呼び込むことにつながるわけですから」

 そうはいっても、歌舞伎役者がバラエティで活躍するのは意外だ。

「芸達者な人も多いですからね。むしろ、テレビ局の人たちが、ドラマ以外でも“お願いしてもいいんだ!”と気づいたため、これだけ出演が増えたのではないでしょうか。そして、歌舞伎役者も困っているという事情があります。8月からようやく歌舞伎座での公演も復活しましたが、まだまだ舞台に上がれる役者は限られています。その間、彼らには時間もあるし、収入は激減でしょうから」(児玉氏)

 それでもテレビから声がかかる彼らはまだマシというのは、芸能デスクだ。

「歌舞伎役者は基本的に舞台に出演することで、松竹から出演料を得ています。ドラマやバラエティから依頼が来る売れっ子と違い、大部屋の役者や裏方は、収入源は舞台しかありません。その舞台がコロナのため3月からなくなったことで、収入が途絶え、ウーバーイーツの配達員を始めたという役者もいるほどです。市川海老蔵さんは、“幹部はともかく、脇や大部屋の役者たちに補填して欲しい”と松竹に申し入れています」

 伝統の歌舞伎も大変らしい。そういえば、海老蔵はバラエティに出ていない。

「全く出ないわけではありませんが、彼は猿之助さんたちと比べると、ネタを持っていませんし、話が得意というわけもありませんからね。なにより、彼はコロナがなければ、団十郎を襲名していたはずでした。天下の団十郎が、バラエティで顔芸を見せるわけにもいかないでしょう」(同)

 歌舞伎界の大御所たちは、若手のバラエティ出演をどう見ているのだろうか。

「いまは昔のように厳しいことは言いませんし、顔を世間の人に知ってもらうことはいいことだと考えているようです。それで歌舞伎座にお客さんにやってきてもらえるのが一番ですからね」(同)

週刊新潮WEB取材班