【魂となり逢える日まで】シリーズ「東日本大震災」遺族の終わらぬ旅(8)津波から10年目「母と息子」の元へ逝った娘 魂となり逢える日まで(8)

国際 Foresight 2020年10月4日掲載

  • ブックマーク

 東北一の大河、北上川は宮城県石巻で海と出合うが、最下流は異なる河口に至る2つの流れに分かれる。

 1つは石巻市中心部を貫流する本来の旧北上川、もう1つは、北の追波湾に流れる新北上川。昔から石巻の街を脅かした大水害を防ぐため、在来の追波川の河道を大開削する流路分割工事が明治から昭和初めまで行われ、雄大な三陸の海に注ぐ、延長9キロの新しい北上川が生まれた。

 2011年3月11日の東日本大震災では、波高15メートル前後とされる大津波が追波湾沿岸の集落を尽く呑み込み、さらに新北上川を遡上して4キロ上流にあった大川小学校の児童・教職員84人遭難の悲劇を生んだ。...

記事全文を読む