「菅総理」最大の弱点は「しゃべり下手」 語彙力不足、すでに失言も

国内 政治 週刊新潮 2020年10月1日号掲載

  • ブックマーク

「駅に行くのは、Aの道とBの道がありますよね。Bの方がこれこれこういう理由でいいと思いますが、なぜAを選んだのですか」

「Aがいいからです」

 文字にしてみれば、まるで小学生のような回答だが、乱暴に言えば、菅義偉・新総理の論法は、これを多少、複雑に述べているに過ぎない。これまでは官房長官として「守り」の立場に終始していたから、それはむしろ長所となることもあったが、これからはそうは問屋が卸さない。

 突如の辞任を受けたにしては、異様な高支持率でスタートした新内閣。...

記事全文を読む