「尖閣」で中国と闘う漁師たちの証言 中国公船の執拗な嫌がらせで既に“実効支配”

国内 社会 週刊新潮 2020年10月8日号掲載

  • ブックマーク

 中国公船が尖閣諸島の周辺海域で動きを活発化させていることは、ニュースで何度も取り上げられており、ご存知の方も多いだろう。この8月2日まで、日本の領海のすぐ外側にある「接続水域」(日本が法令違反の取り締まりや処罰ができる海域)で、過去最長の連続111日に亘って航行している。では、実際に尖閣海域で漁業を営む漁師たちはどのような苦難に直面しているのか。ノンフィクション作家・西牟田靖氏が取材した。

 ***...

記事全文を読む