参院議員の父がダマし取った90億円 次男が「銀座」豪遊の日々を語る

国内 社会 2020年9月22日掲載

  • ブックマーク

国会議員の信用力と年利7%前後という高利率に2500人が殺到

 戦後の詐欺事件史の中でも特筆に値するのが、「オレンジ共済」事件である。現職の参院議員・友部達夫氏(故人)その人が、90億円を騙し取り、闇に葬ってしまったという、前代未聞の一件。当時、その金から7億円近くを銀座での豪遊などで蕩尽し、逮捕、実刑判決を受けた次男・百男氏(47)が昔を振り返った。(※「週刊新潮」2015年8月6日号掲載記事を再編集したものです)

「今思えば、あの頃は人生舐めていました。不勉強極まりなかったですね」

 こう“反省の弁”を述べるのは百男氏だ。逮捕当時に比べ、幾分スリムになり、鬢には白いものが混じり始めている。もっとも、その髪はソフトなオールバック。事件当時、「カツラだ」と書き立てられた髪型とはずいぶん変わっているが、本人に尋ねると、

「ええ、確かに当時はカツラでしたよ。僕は円形脱毛症だった。でも刑務所に入ったら、自然に髪が生えてきてこうなったんですよ」

 と笑うから、時の流れと生命の不思議さを感じるのである。

 事件の発端は1992年。

 社会保険労務士だった達夫氏は、主宰していた「オレンジ共済」で定期預金の募集を開始。本人が95年に参議院議員に当選したこともあって、その信用力と年利7%前後という高利率に2500人が殺到し、約90億円を集めた。

 しかし、既に時代はバプル崩壊後。そんな利率の運用が成り立つはずもなく、経営は破綻。97年、達夫氏や、共済組合の専務理事だった百男氏らが詐欺容疑で逮捕されたのである。

 注目されたのは、その金の行方だった。40億円の使途不明金のうち、一部は達夫氏の政治資金に遣われたと言われたが、何より耳目を集めたのが、百男氏の銀座での散財である。

 彼が常連だった銀座のクラブの元店員が言う。

次ページ:道端で会っただけのクラブママには200万円をポン、1億円の熱帯魚、F1好き

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]