安倍政権「半島外交」完全総括【新政権編】「日韓」解決策あり「日朝」期待薄

国内 政治 Foresight 2020年9月14日掲載

  • ブックマーク

 自民党総裁選は菅義偉官房長官、岸田文雄自民党政調会長、石破茂元自民党幹事長が立候補したが、党内5派閥が菅官房長官を支持し、国会議員の7割以上が菅官房長官になびいている。

 さらに正式の党員投票をせず、両院議員総会と各都道府県3票の割り当てによる投票を実施することが決まり、事実上、菅官房長官の当選が確実視されている。

 結果は本日(14日)、両院議員総会での投票で明らかになる。

出馬会見で日韓に言及せず

 この選挙は、安倍晋三政権7年8カ月の功罪を整理し、特にその「負の遺産」をどのように克服するかを論じるべきだったが、そういう雰囲気はついぞなかった。...

記事全文を読む