安倍政権「半島外交」完全総括【北朝鮮編】「合意」から「大変身」でも膠着

国内 政治 Foresight 2020年9月13日掲載

  • ブックマーク

 安倍晋三首相の、約7年8カ月の対北朝鮮政策はどうだったのかを見てみよう。

置き去りにされた拉致問題

 第2次安倍政権は2012年12月26日にスタートしたが、安倍首相はその2日後の28日に拉致被害者の家族会メンバーと会った席上で、

「わたしがもう一度総理になれたのは、なんとか拉致問題を解決したいという使命感によるものだ。かならず安倍内閣で解決していくという決意で進んで行きたい」

 と決意を述べた。

 しかし結局、その7年8カ月後に辞意表明となり、拉致問題はまったく進展せず、1人の拉致被害者の帰国もなかった。...

記事全文を読む