日本の「農産物・食文化の発信」安倍首相の評価されるべき「饗宴外交」スタイル

国内 政治 Foresight 2020年9月8日掲載

  • ブックマーク

 この7年8カ月の安倍政権を特徴づけるものに、活発な首脳外交がある。地球儀を俯瞰した外遊は81回を数え、訪れた国・地域は延べ176カ国。逆に、日本に迎えた外国首脳の数も半端でないが、特におもてなしの饗宴外交で、1つのスタイルを確立したことはもっと知られていい。

興味深いどんぶりもの

 安倍第2次政権が発足して以降(2012年12月~)、安倍晋三首相が外国首脳を歓迎する晩餐会(または午餐会)をもった回数は、ざっと209回。

 その209回目の最後の晩餐会は、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」内で新型コロナウイルスの集団感染が起き、日本中が浮足立っていた今年2月10日。...

記事全文を読む