韓国の知識人を“抹殺”する「親日あぶり出し・魔女狩り法」と「国民の情緒」優先社会

国際 韓国・北朝鮮 2020年8月28日掲載

  • ブックマーク

日韓併合110年で振り返る…日本だけをターゲットにしてきた歴史認識

「地球上で、韓国人ほど歴史と政治に関心の高い民族も多分いないだろう。関心ばかり高くてあまり勉強をしないのもまた、この国の人々の特徴でもある」と指摘するのは、日韓関係史を専門とする評論家の李東原(イ・ドンウォン)氏。韓国人は3人集まれば政治と歴史について語りあうとし、「政治はともかく、歴史問題については、ごく少数の場合を除いて互いに異見がないことに満足し、これをもって同じ民族であることを確認する。それが日本に関することなら、なおさらだ」という。...

記事全文を読む