吉村知事、“うがい薬でコロナ退治”の波紋 一番ひっかかる「疑似陰性問題」

国内 社会 2020年8月12日掲載

  • ブックマーク

 吉村洋文大阪府知事が8月4日、「新型コロナウイルスの軽症患者がポビドンヨードを含むうがい薬でうがいをすると、唾液からウイルスが検出されにくくなり、唾液を使うPCR検査で陽性になる確率が低くなる」と発表した。この報道でドラッグストアなどで、ポビドンヨードを含む「イソジン」などのうがい薬の棚が空になり、法外な値段でネット販売されるなどした。専門家からは研究結果に疑問の声も多く、「科学的根拠が弱いうちに政治家が主導的に発表するのはおかしい」など物議を醸しているが…。...

記事全文を読む