アマビエ以外にもいた 疫病を追い払う神「ホヤウカムイ」とは

国内 社会 2020年8月8日掲載

  • ブックマーク

 コロナ禍が蔓延する中、にわかに注目を浴びた妖怪がいる。その名は「アマビエ」。

 アマビエの正体は、江戸時代、肥後の国の海に現れ、瓦版にも掲載された「予言獣」だ。豊作・凶作などを予言するとともに「疫病が流行ったら私の姿を写して人々に見せなさい」と告げたと言われている。

 アマビエは「妖怪」に分類されるが、古来、日本には「疱瘡神」に代表される疫病退散にご利益がある神様が存在した。一方、森羅万象に存在すると言われるアイヌのカムイの中にも、疫病担当のカムイがいる、という話が、『カムイの世界―語り継がれるアイヌの心―』(堀内みさ 堀内昭彦著 新潮社とんぼの本)に紹介されている。...

記事全文を読む