広島カープ不振のワケ…投壊だけど打率はトップ、佐々岡監督は本命ではなかった

スポーツ 野球 2020年8月8日掲載

  • ブックマーク

巨人の宮本・元木コーチが羨ましい

 昨季こそ4位に終わったが、2016・17・18年とセ界を3連覇してきた広島カープ。佐々岡真司新監督(52)を迎えての2020年シーズンだったが、投手出身監督なのにチーム防御率は5位で「投壊」という皮肉な状況。ではあるものの、チーム打率はトップとチグハグで順位は5位。もっとも5位とはいえ、巨人1強であとは5弱の様相を呈する今シーズン。現時点での不振のワケと今後の展開について、関係者の証言から占う。

 ***...

記事全文を読む