上から目線の枝野代表 女性議員の“離党騒動”でぐらつく足元

国内 政治 週刊新潮 2020年8月6日号掲載

  • ブックマーク

 一向に着地点が見えない、立憲民主党と国民民主党の合流話。党名の“民主的決定”を求める国民の玉木雄一郎代表に対し、立民の枝野幸男代表が応じる素振りも見せないのは、

「両党が対等に解散して一緒になる新設合併方式や、新党の略称を『立民』ではなく『民主党』とすることで、すでに国民側に譲歩しているという思いがあるから。これ以上、玉木さんに歩み寄りたくないんですよ」(野党担当記者)...

記事全文を読む