「安倍土下座像」を広報宣伝に使った植物園長…左翼活動歴と獄中生活

国際 韓国・北朝鮮 2020年8月1日掲載

  • ブックマーク

経営難から再起のための反日カード

 韓国の自生植物園に突如として現れた「永遠の贖罪」像。この“少女像の前に安倍晋三首相がひざまずいて謝罪する姿の造形物”を設置し、日本の政府およびメディアから批判を浴びたのは金昌烈(キム・チャンリョル、71)園長だったが、彼の“もくろみ”がはっきりと見えてきた。その左翼活動歴と共に紹介する。

***

 現時点では見ることができなくなっているが、金園長が代表を務める江原道平昌に位置する民間施設「韓国自生植物園」のホームページには、「安倍謝罪像」を使った写真が“広報宣伝”用に使われていた。

 そこには、こんなメッセージもある。

《2011年の火災で閉館し、9年ぶりに再び皆さんにお目にかかる》

《ありがたくて感謝している》

《新しい形の植物園を楽しんでほしい》

 何のことはない、閉館後に再開はしたものの、細々とでしかなかった植物園の再起のため、「安倍謝罪像」を利用した恰好なのだ。

 1999年6月に開園。2002年には山林庁から私立植物園第1号の認定を受けた自生植物園は、約3万坪の散策路に約500種の自生植物と約70種の希少植物、絶滅危惧植物などが展示されている。また、室内展示場と野外植物園などの施設も整っている。

 この植物園は2011年から現在まで“開店休館”状態で、理由は「経営難」のためだ。植物園が観光地として脚光を浴びると、政府機関や地方自治体が公共予算で大型植物園を建設し、自生植物園の観覧客が減り、赤字が深刻化したのだ。

 植物園側は赤字経営の代わりに長期間の休館を選択せざるを得なかった。「安倍謝罪像」論議が起こるまではとうに忘れられ、関心を全く集めていなかった民間植物園の一つ……。実際、この「自生植物園」に対する有意義な資料を探すことは難しい。そこで一念発起すべく自生植物園は「安倍謝罪像」を設置。議論が巻き起こり、結果として「無料広報効果」を最大限に享受しているわけだ。

次ページ:「撤去せず」「撤去するなら私を先に」「自然な形で過去の歴史を」

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]