「安倍土下座像」を広報宣伝に使った植物園長…左翼活動歴と獄中生活

国際 韓国・北朝鮮 2020年8月1日掲載

  • ブックマーク

経営難から再起のための反日カード

 韓国の自生植物園に突如として現れた「永遠の贖罪」像。この“少女像の前に安倍晋三首相がひざまずいて謝罪する姿の造形物”を設置し、日本の政府およびメディアから批判を浴びたのは金昌烈(キム・チャンリョル、71)園長だったが、彼の“もくろみ”がはっきりと見えてきた。その左翼活動歴と共に紹介する。

***...

記事全文を読む