日本に心理戦をしかけているのはアメリカだけではない

国際 2020年7月28日掲載

  • ブックマーク

 占領中にアメリカは日本人に対して心理戦を行っていた。アメリカにとって都合の悪い情報、見方を禁じて、日本人に罪悪感を抱かせるような情報プログラムであるウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)を実施したのである。

 WGIPの大きな目標としては、原爆投下を残虐行為だといった考えを日本人が持たないようにすること、また極東国際軍事裁判の判決を日本人が素直に受け容れるようにすることだった。

 では、原爆投下に関しての世論が定まってきて、さらに極東国際軍事裁判が終わったのちに、さらには占領が終わり、日本が独立したのちには、そうした工作も無くなったのだろうか。...

記事全文を読む