【緊急提言】いますぐ世界に発信すべき「東京五輪はコロナ禍終息後に」

国内 政治 Foresight 2020年7月20日掲載

  • ブックマーク

 IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長が、7月15日に行われた理事会後、1年後に延期されている東京オリンピック・パラリンピックの無観客での開催に否定的な見解を示した。

 これは「コロナ禍」の中での東京五輪開催をめぐって、まさに日本の立場が問われているということではないか。

 コロナ禍の世界の実情は依然として深刻で、多くの国で感染拡大が続いている。東京もその例外ではない。五輪の是非もさることながら、実は世界が注目している今こそ、逆に言えば文化・スポーツ行事を通した日本の平和のためのメッセージを発信する絶好のチャンスではないか。...

記事全文を読む