病気は社会の弱い部分を攻めてくる――中原英臣(新渡戸文化短期大学名誉学長)【佐藤優の頂上対決】

ビジネス 週刊新潮 2020年7月9日号掲載

  • ブックマーク

「42万人死亡説」「人と人との接触8割減」といったセンセーショナルな言葉が飛び交い、現実離れした「新しい生活様式」が提案させる一方、医療崩壊の危機が散々喧伝されたコロナの日々。果たしてそれらは実情に見合ったものだったのか。コロナ禍の本質と教訓を喝破する――。

 ***
...

記事全文を読む